ネットワーク

キャンパスネットワーク

茨城大学キャンパスネットワークの整備並びに管理運用を行っています。
茨城大学LANの発展の経緯は[沿革] をご覧下さい。

ネットワーク構成図

茨城大学VPN (Virtual Private Network)

VPN接続サービスとは、学外から学内ネットワークに 安全に接続するためのサービスであり、 例えば学外からでも、 本来学内限定のシステムを利用できるようになります。

VPNを利用できる者

  • 常勤教職員
  • 非常勤職員(派遣含む)
  • 研究室に在籍する4年生以上の正規学生(学部学生、大学院生)
   ※非常勤職員と学生、院生は、管理責任者の承認が必要となります。

申請や利用方法の詳細はこちらをご覧ください。

Wi-Fi

Wi-Fi(無線LANアクセスポイント)を教室等へ重点配置しています。 Wi-Fiに接続できるエリアの近くには、以下のシールが貼ってあります。

  • 接続するためには 802.1x 認証に対応した機器が必要です。
  • 設定方法はこちらをご覧ください。

eduroam

「eduroam」は、 参加教育機関等で無線LANの相互利用を可能にする国際的な仕組みです。
(詳しくは、eduroam JPのページをご覧ください。)

eduroam参加機関の方が本学へ来学した場合

  • 所属機関のIDとパスワードで、無線LANに接続し、対外接続を利用できます。
  • eduroam というSSIDのアクセスポイントに接続してください。
  • なお、本学のファイアウォールポリシーが適用されます。ご了承ください。
  • 茨城大学の学内限定コンテンツへはアクセスできません。

本学の教職員・学生が学外で利用する場合

  • eduroam参加機関へ出張した本学の教職員・学生は、 本学のIDとパスワードで身元が認証でき、無線LANに接続できます。
    (IDとパスワードは暗号化されて本学に転送されます。)

    eduroam JP 参加機関

    利用方法は、学内LANに接続するときとは少し異なります。 詳細については、[利用の手引き](学内限定)の 「無線LAN利用の手引き」のセクションをご覧ください。
  • 補足 本学の教職員は、 学内で eduroam というSSIDに接続しても、 (左の)学内の無線LANに接続するよりも制約が多くなるだけで、 何もメリットはありません。