Bring Your Own Device

スマートフォン、タブレット端末やノート型パソコンの急速な普及を背景として、 個人が所有する端末(私有端末)を大学での学習などに活用すること (BYOD:Bring Your Own Device)が国内外を問わず多くの大学で推進または実施されています。

茨城大学では、 アクティブラーニングやPBL(プロジェクト型学習、課題解決型学習)を推進しており、 2020年度からはBYOD完全実施体制に移行しました。

どんなパソコンを買ったら良いか

どのようなパソコンを買ったら良いかは 学部・学科によって異なります。 別途、学部や学科から推奨パソコンの情報について連絡があるかもしれません。

ここでは一般的な事項について書いておきます。

デスクトップ型 or ノート型
BYODのためには、デスクトップ型ではなく 持ち運べるノート型のパソコンがお勧めです。

まだノート型パソコンをお持ちでない方は、 授業でも生活でも活用できるよう購入をご検討ください。

CPU性能 と メモリ容量

処理能力、メモリ量、画面の広さなど、さまざまなポイントがあります。 欲張ると大きく重くなって、持ち運びが大変になってきます。

一般に、シミュレーション、プログラム開発、 仮想PCなどといった大規模なプログラムを動かそうとすると、 高いCPU性能、大きなメモリ容量が必要となります。

オンライン授業では、長時間の動画再生を行うことになるので、 それなりの性能が求められます。

バッテリーの持ち時間
ノート型パソコンにはバッテリーが内蔵されているので、 コンセントに繋がなくても利用できます。 すべての教室でコンセントが利用できるとは限らないので、 バッテリーの持ちが良い方が良いでしょう。

オンライン授業では、想像以上にバッテリーを消費します。 大学にパソコンを持ってくるときにはACアダプターも忘れずに。

Wi-Fi接続
本学にノート型パソコンを持って来たときには Wi-Fiで学内ネットワークに接続することになります。

最近のノート型パソコンは当然Wi-Fi接続可能だと思います。

Officeソフト
家電量販店などで購入したパソコンには、最初から Officeソフトがついていることがよくあります。

本学在学中は包括ライセンスで最新版が利用できますので、 MS Officeが入っていないパソコンを選んでも大丈夫です。

ただし、入学前および卒業後は利用できませんので、 必要な場合には別途購入しなければなりません。

各種インタフェース
軽量、薄型を謳う製品の場合、 外部機器を接続するためのインタフェースが少ないことがあります。

例えば、 プレゼンテーションや発表などでは、 外部ディスプレイへの出力が求められることがあります。 外部出力用のインターフェースがどうなっているか、確認しておきましょう。 必要になってからでいいと思いますが、 別途、HDMI変換アダプターなどを購入する必要があるかも知れません。

また同じ目的でも種類の異なる様々なインタフェース規格があります。 最新のインタフェースをもつパソコンの場合には、 昔ながらのインタフェースに変換するためのアダプタを 追加購入しなければならないことがあります。