目的

茨城大学 情報戦略機構は, 教育・研究・業務における情報技術の活用を継続的に推進し、全学的な情報およびデータのマネジメントならびにセキュリティに関する戦略立案を通して大学運営を支援するとともに、その基盤となる情報ネットワークおよび共有基盤データベース等の管理・運用を行うことを目的とする。

組織と業務

データ戦略部門

多種多様なシステムに分散しているデータを横断的に扱い、簡便に分析できるよう整備を進めていきます。 ●データ利活用基盤の整備 ●データマネジメント戦略

デジタル改革推進部門

教育、研究、業務の各領域におけるDX、学内のデジタル情報の流通の最適化と推進を担います。 ●教育DX・研究DX・業務DXを通した業務改善の支援 ●教職員のICT活用能力の底上げと、  指導的人材の育成 ●職員用PCの一括調達および自動設定

情報セキュリティ部門

 システムへの外部攻撃や個人情報の流出といった情報インシデントへの対策を講じます。 ●情報セキュリティ戦略立案と実施の中核的役割 ●学内情報監査、外部(大学間相互)監査 ●CSIRT支援

情報システムマネジメント部門

システムやネットワークといった全学的な情報環境整備と運用を担います。 ●情報システム戦略の立案 ●キャンパスネットワークの整備運用 ●全学の情報システムと  そのサービス状況の把握 ●全学の情報システム間のデータ連携