本学は学認(学認用認証フェデレーション)に参加しています。

学術認証フェデレーション

本学の認証サーバで認証を行うことにより、 自宅からでも 学外の機関が提供するWebサービスを利用することが可能となります。

学術認証フェデレーション (通称「学認」)とは、 学術 e-リソースを提供する機関・出版社等から構成される連合体です。

各機関はフェデレーションが定めた規程(ポリシー)にもとづき、 相互に認証連携を実現することが可能となります。

本学で利用できるサービスプロバイダ(SP)については、 右欄のリストをご覧ください。

利点

  • ブラウザを終了させない限り、1回の認証ですべてのWebサービスを利用できます。(シングルサインオン)
  • Webサービスを利用する際に、必要最小限の属性情報のみがサービスプロバイダに提供されます。 パスワードなどは提供されません。

本学で利用可能な学認SP(Service Provider)のリスト

  1. 電子ジャーナル (基本は学外からの利用)
    1. EBSCO host [EBSCO]
    2. ScienceDirect [Elsevier]
    3. Nature Publishing Group [Nature Publishing Group] (予定)
    4. MARUZEN eBook Library [丸善]
    5. CiNii [NII]
    6. NII-REO [NII](予定)
    7. Cambridge Journals Online [CUP] (予定)
    8. HighWire [HighWire Press(OUP)] (予定)
    9. IOPscience [IOP] (予定)
    10. Project MUSE [Johns Hopkins University Press] (予定)
    11. SpringerLink [Springer] (予定)
  2. 商用データベース
    1. 日経BP記事検索サービス アカデミック版
  3. その他
    1. 学認連携Moodle講習サイト[NII]
    2. GakuNin mAP [NII]
    3. meatwiki (GakuNin mAPグループ用Wiki) [NII]

本学学内SP(Service Provider)リスト

  1. e-learning
    1. ALC NetAcademy2