サポートが切れたソフトウェアについて

サポートが終了したソフトウェアを使い続けることは 脆弱性の放置になるため、 茨城大学情報セキュリティポリシー に違反します。 機器やOSの更新を計画的に行っていただきますよう、お願いします。

Windows

2020年1月14日
Windows 7 (SP1), Windows Sevrver 2008(SP2), Windows Server 2008R2 のサポートが終了します。

Windows 7のメインストリームサポートは2015年1月13日に終了しています。 現在は延長サポート(2020年1月14日まで)期間中ですので、 セキュリティ関係のアップデートは提供されています。 ビジネス用のWindows 7 (Enterprise または Professional )以外の製品は、 入れ替えの検討を行ってください。

2023年1月10日
Windows 8.1のサポートが終了します。
2023年10月10日
Windows Server 2012, Windows Server2012R2 のサポートが終了します。

以下のOSで動かしているパソコンは利用しないでください。

  • Windows Server 2003 --- 2015年7月14日に延長サポート終了
  • Windows XP --- 2014年4月8日に延長サポート終了
  • Office2003 --- 2014年4月8日に延長サポート終了
  • Windows Vista --- 2017年4月11日に延長サポート終了
  • Windows 8.0 --- 2016年1月12日にサポート終了

macOS

Appleは公式にはサポート終了を公表していませんが、 最新版から2代前までは アップデートの配布などのサポートをしているようです。

サポート切れのバージョンをご使用の場合は、 すぐにアップグレードするか ご利用をお控えください。
古い機器の場合、新しいOSがインストールできないことがあります。

2018年3月現在 サポート中と思われるOSのバージョン

  • OS X 10.11 El Capitan
  • macOS 10.12 Sierra
  • macOS 10.13 High Sierra