システム開発

法人化後の国立大学では、 限られた予算の下でいかにITを活用して業務を合理化していくか が緊急の課題となっています。 茨城大学IT基盤センターでは、学内の業務形態を分析し、 一部については自前によるシステム開発を行い、 低コストでの業務合理化を目指しています。 ここでは、その一部を紹介します。

ICカードで出席調査

茨城大学では、学生証及び職員証が平成17年度にICカード化されました。 ICカード方式はFelicaを採用し、電子マネーEdyも搭載されています。 職員証も含めた全学完全ICカード化の実現ならびに電子マネーの採用は、 国立大学では茨城大学が先駆者となっています。 ICカードを活用したシステムは、本学に順次導入されていますが、 IT基盤センターでは、低コストでICカードを活用した業務IT化を図るため、 独自アプリを開発してます。ICカードで出席調査もその一つです。

授業における毎回の出欠確認やその後の集計作業は大変な作業です。 この問題に対し、IT基盤センターでは、 低コストかつ早期に実現可能な一つのソリューションとして、 学生証ICカードを利用した出席調査ソフト「ICカードで出席調査」を開発しました。 本ソフトは、Sony製ICカードリーダー「パソリ」(実売価格3000円前後)を 接続したWindowsパソコンで利用できます(下図参照)。 授業の最初や最後に本システムをセットアップします。 各学生が学生証ICカードを順次パソリにかざすと、 ICカードに記録されている学生番号と氏名が読み込まれ、 パソコン内にどんどん記録されていきます。 学生1人当たりの登録時間は大体2〜3秒くらいで、 受講者数が100人超でもスピーディに出席調査ができます。 データはテキストファイルに保存され、後でエクセルなどで編集することができます。 また、付属ソフトの「出席データ集計」を使えば、 各講義科目の出席データファイルを取りまとめて、 出席一覧表を作成することができます。


リリース:H18年11月、開発者:外岡秀行、 開発環境:Visual C++ 6.0及びSDK for Felica Lite)

ICカードで健康診断



保健管理センターにおける学生健診業務を省力化するため、 学生証ICカードを利用した健診データ収集ツールを開発し、 平成18年度の学生健診から導入されました。 本ツールは、徳島大学で開発されたシステムを参考にIT基盤センターにて 独自開発したもので、体内脂肪計(身長、体重、体脂肪)、 血圧計(最高血圧、最低血圧、脈拍)、視力計(左右の裸眼・矯正視力)の 各計測値をRS-232Cを介してPCに取り込み、パソリ経由でICカードに書き込む機能や、 ICカード内に取り込まれた全計測値をPCに一括読み込みし、 ODBC経由でAccessデータベースに書き込む機能などを持ちます。


リリース:H18年4月、開発者:外岡秀行、 開発環境:Visual C++ 6.0及びSDK for Felica Lite

情報機器利用登録システム


情報機器利用登録システムは、 Webブラウザを通して、 本学内の各種情報機器等を利用登録するデータベースシステムです。 本システムは、以下の目的の下、開発され、平成19年1月より稼働しています。
  • 本学における情報機器の資産管理徹底
  • ソフトウェアの管理徹底による違法複製防止
  • 情報機器や通信の管理徹底によるセキュリティ強化
  • アドレス管理のデータベース化
  • 各種情報機器の利用申請のオンライン化による業務合理化

ユーザは認証サーバ(ActiveDirectory)による認証を経た後、 本システムを利用します。

本システムは、以下のメニューを持っています。

  • パソコン・ソフトウェア管理台帳
  • サーバ・プリンタ等のアドレス登録
  • 学外向けWebサーバの運用申請
  • 学外向けSSHサーバの運用申請
  • 学外向けメールサーバの運用申請
  • 学外向けFTPサーバの運用申請
  • 標準外通信ポートの利用申請
  • 共用Webサーバの利用申請
  • メーリングリストの利用申請
  • キャンパスサーバ等の利用申請

リリース:H19年1月、開発者:外岡秀行、開発環境:Apache、PHP5、PostgreSQL

図書館資産台帳

茨城大学図書館が、 これまでに所有した全ての書籍(廃棄分も含む、約100万件)の管理台帳で、 閲覧・検索機能のほか、一括登録や一括除却などの機能があります。 図書館からの依頼により、IT基盤センターにて開発し、 現在、当センターのデータベースサーバにて運用中です。


リリース:H20年6月、開発者:外岡秀行、開発環境:Apache、PHP5、PostgreSQL)

教務情報Web連絡掲示板

学務部から学生に向けての連絡事項や休講・補講といった 授業関連情報の連絡のためのシステムで、 各学部からメッセージの投入ができます。 また、紙での掲示用に印刷用画面を生成する機能もあり、 データの一元管理が可能となっています。 学務部からの依頼によりIT基盤センターにて開発し、 現在 共用Webサーバにて運用中です。


リリース:H23年3月、開発者:大瀧保広、開発環境:Apache、PHP5、SQLite